君じゃなきゃだめなんだ

推しと雑記と時々短歌

きみはステージを降りてしまうの?

 

なんで最初に書く記事がこれになっちゃったんだろう。

 

きのうのベストアーティスト2015で、KAT-TUN田口淳之介くんがグループを脱退し来春事務所を退所することを発表した。

 

わたしの「担当」は彼じゃない。グループだってちがう。

関ジャニ∞丸山隆平さんだ。KAT-TUNに関してはにわかもいいところで、時々TV番組で見かけたりTwitterに流れてくる映像を眺める程度だった。でも、驚くほどにショックを受けているのだ。彼のことを、すきになりかけていたから。

きっかけは確かオールスター感謝祭だったと思う。上田くんに絡まれて嬉しそうに笑う笑顔がかわいくて、つい目で追いかけてしまうようになった。調べると、もともとファンクラブ等が一緒だっただけあって、わたしが推しているグループとのエピソードもごろごろでてきた。

忠義くんに呆れられるじゅんの、亮ちゃんにキレられるじゅんの、すばるくんをお兄ちゃんみたいだって言ったじゅんの、横山くんが一番かっこいい先輩だよって言ってくれたじゅんの。

Mステスペシャルあたりから、わたしはじゅんののことを「推し」と呼ぶようになった。担当はまるちゃんだけど、じゅんののこともだいすきになっていた。

quarterコンDVDの値段を調べてうんうんうなったり、じゅんのと黒薔薇が見たくてWiNK UPを買ったりした。田口担のお姉さんとDVDを持ち寄ってアイドル合宿しようね!とはしゃいだばかりだった。春コンは上田くんに堕ちそうな悪友をつれて絶対に現場に入ろう、と決めたばかりだった。

これから、もっともっと、どんどんすきにさせてくれると思ってたのに。

 

なんでなんだろう。じゅんのが、あんなに大好きだったKAT-TUNを脱退しなきゃならない理由ってなんなんだろう。それはKAT-TUNだとできないことだったんだろうか。わからない。わからないし、わたしたちは本当の理由を一生知ることができないのだろう。

 

 

わかるのは、彼が「KAT-TUN田口淳之介」に幕を閉じるまで、わたしたちの素敵なアイドルでいてくれることだけだ。そして、わたしたちはそれを目に焼き付けることしかできない。

 

KISS KISS KISSを歌って踊るじゅんのは、いつも通りのかっこよくてかわいい、最高のアイドルだった。泣けてくるほどに、いつもの、だいすきなじゅんのだった。

 

じゅんのは優しいから、わたしたちにさよならをする時間をくれたのかもしれないし、そんなこと全然考えてなかったのかもしれない。

今はただ、彼の言葉を待つだけだ。これからの話、辞める理由、メンバーへの気持ち。たぶん、聞いても納得できることなんかなにもないけど、待つしかないのだ。

 

じゅんののことがだいすきだったし、きっとこれからもすきだし、新しい道を選ぶのならきっと追いかけてしまうのだと思うけれど、こんなに打ちのめされて、絶望したことを、絶対に忘れない。きみがKAT-TUNでアイドルやってたこと、死んでも忘れてなんかやらないから。

 

せめてどうか、じゅんののこれからとKAT-TUNのこれからが幸福で、じゅんのが3人をすきで、3人がじゅんのをすきでいられる世界でありますように、今は祈っている。*1

 

 

 

 

*1:辞めた時点でそんなのねえわボケって感じだけどな